Information

還元率について

年会費がかかるかどうかより、クレジットカードのポイントがどのくらいの割合で増えるかは見逃せないポイントです。
クレジットカードの利用高が少額な人は、年会費の必要ないクレジットカードにしておくとムダがありません。

年会費が2,000円かかってポイント還元率が1.0%のクレジットカードと、ポイント還元率が0.5%で年会費のかからないクレジットカードでは、どちらかいいでしょう。答えは、カード利用者の使い方次第です。
例えば100万円を使えば、0.5パーセントの還元率では5,000円です。一方、年会費が有料の方のカードは10,000円分のポイントがつく計算です。

→続き

この場合、どちらが得かといえば、年会費を支払っている方のカードです。
ゴールドカードなどの特別なカードではない限り、クレジットカードの年会費は2,000円程度です。クレジットカード選びにポイント還元率を重視するのは、クレジットカードをよく使う人であればその方が確実にお得だからです。

年会費とポイント還元率を検討する時は、どれほどカードでの決済をするかのプランを立てた上で試算をしてみる必要があります。
頻繁使うカードほど、クレジットカードにするとお得かもしれません。
メイン以外のクレジットカードで、余録的な特典を得るという使い方をすれば得をすることができます。もし1%以下のポイント還元率でクレジットカードを使っているなら、考え直した方がいいかもしれません。

有用なサイト

新しいタブまたはウィンドウで開きます。

@クレジットカード審査 | 落ちないように読む審査ガイド
Wikipediaの説明
UFJ
カードローン情報ポータルCDL
JCB